忍者ブログ
2017/12/12[Tue]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2011/02/24[Thu]


あ、ども、 お昼はカレーだった軸太です。 夜もカレーです。シーフードのやつ。

前回は底床を敷くまでで終わりましたが、今回はレイアウトを組んで水と生体を入れていきます。

先ずはレイアウトですが、これをこうしてドーーーンッ!!!



したら終わりです。

ちなみにこの流木は去年の夏に購入した少量のモスsp.(国産)を適当な流木に これまた適当に巻きつけといたのを
ストック水槽にぶち込んで、またまた適当に放ったらかしてたら いつの間にか良い感じになってた自家製の
モスsp.(国産)付き流木です。 モチロンもう糸も外してありますよ。



モスsp.(国産)ってイイですよね。 いかにも「苔っ!」って感じがして。
成長は遅いし、調子崩すと止まらないし、値段は高いけど、環境が合えばいつの間にかモコモコ増えてるので
今回の水槽はあまり気負わずに長い目で見ようと思ってます。

そいじゃ準備ができたら注水いってみようか



底床は濯ぎ済みの溶岩石だけなのであたりまえだけど あまり濁りはありません。
ちょっと残ってた埃で白っぽくみえるけど、フィルター回して少したてば治まるでしょう。

伸び過ぎてフワフワしてる部分は流木ギリギリでカットして底床の溶岩石に挟み込んでおきました



こうしてトリミングする度に底床に埋めていけば いずれは底床全面の溶岩石に着生して
モスsp.のみの水景ができないかなー と考えてるんですが、成長遅いモスsp.のことだから一年位かかりそうな気がする。

まぁ、もともとこれを狙って底床を溶岩石にしたんだから、まったり成長を見守っていきますよ。

水は出来上がってる水槽の水を100%使用して、フィルター内の濾材もずっと使用していたものを使い回してるので
立ち上げ初日からすでに生体が入ってます



タンクメイトは ずっと流木ストック水槽の番人をしていたヒメダカ×1
同じくストック水槽の掃除係をしてくれていたヤマトヌマエビ×2



あと連れてくるつもりはなかったのに、この流木のモスsp.に紛れ込んでついてきちゃった
ちっちゃなミナミヌマエビが一匹です。

まぁ、水はもともと居た水槽から移してるので、問題なくやっていけるとは思うんですが…
メダカに食われないといいね…



水も入ったし、生体も移したし、フィルターも問題なく可動してるし、
これにてとりあえずはこの水槽の立ち上げは完了です。

水も濾材もそのまま移したとはいえ、バクテリアにダメージがないとは言い切れないので
2~3日は常時エアレーションですけどね。



CO2は添加しない予定なんですが、久しぶりに水槽を立ち上げたらテンション上がってきちゃったんで
気が向いたら添加するかもしれないです。 チャーム見てたら試したい器具とかも見つけちゃったし。

ちなみに今回のこの水槽は僕が水草水槽を始めたり、アクアブログを始めようと思ったルーツのひとつとも言うべき
「 キューブ水槽でアクアリウム 」 のこの記事のオマージュだったりします。

こだわりの小型水槽でモスオンリーの水景を作る、当時からこのシリーズが大好きでしょっちゅう読み返しては
いつか小型水槽で僕もモスsp.を育てたいなー と思っていたのですが、やっと念願叶いました。

あれから僕も少しは経験を積んできたことだし、小型水槽で長期維持の抜かりはありませんよー ( ・`ω・´)
PR

<<小型水槽でアクアリウム。 弱イメチェンHOME小型水槽でアクアリウム。>>